福島県でいまおすすめの家庭用の水宅配サービスはどこなのか?ズバリ!解説しています。

福島県の水事情

東北地方太平洋側に位置する福島県。県内には阿武隈高地、奥羽山脈、越後山脈、飯豊山地が南北に走り、阿武隈川、阿賀野川、久慈川、那珂川の4本の1級河川が流れています。越後山脈や飯豊山地は豪雪地帯ですが、全体平均としては全国平均を多少下回る程度の降水量です。降水量そのものは多い方ではありませんが、山地と森が多い関係上、実際に使える水資源は豊富と言って良い状況です。


豪雪地帯の越後山脈・飯豊山脈は、雪解け水が水源として期待できる「雪の水瓶」とされていますし、磐梯山周辺の湖沼群、特に猪苗代湖と裏磐梯三湖は豊富な水をたたえた水源として機能しています。また、三つの盆地はより低地に対する「地下水源」として働きますし、会津地方では豊かな森が森の水瓶として水資源を支えています。