福島県でいまおすすめの家庭用の水宅配サービスはどこなのか?ズバリ!解説しています。

水宅配と放射能の関係

水宅配が脚光を浴びたのは、皮肉にも水道水の放射能汚染の危険が叫ばれてからです。それまでは日本の水道水は世界一きれいだと誰もが思っていました。安く清潔な水が安価に手に入る。蛇口をひねれば無制限に利用できる。それが当たり前のことと思っていたのです。

ところが、放射能の危機が叫ばれてから報道される浄水場の映像をみて愕然とした方も多いと思います。屋根も覆いもないまったくの屋外、オープンエアに水がさらされて浄水されているのです。たとえ放射能が大量に飛んできても、誰にも防ぎようがありません。ただ、水質を測定し、基準以下なら飲めます。基準値を超えたら飲めません。それしかできる対策がないのです。

それにたいして、天然水の採水地は地下数百メートルの地点にある場合もあり、空気中に飛散している放射能からの影響は浄水場と比べれば受けにくいと感じられます。地面の下を流れる伏流水なら、落ち葉も落ちず、動物や鳥のフンも落ちず、放射能だって来ないかもしれません。安心感はやはり違います。そういった状況で多くの方が水宅配に注目するのは当然の流れといっていいでしょう。放射能から身を守るすべを持たず、放射能濃度を測定することすらできない一般市民は影響を受けていないものを探すしか方法がないのです。

もちろん天然水だから100%大丈夫と保証できる訳ではありません。だからこそ、各メーカーが専門検査機関に依頼して放射能汚染の検査を実施しているのです。定期的な検査が必要なのは、いつ、どこに汚染が広がっていくか分からないからでもあります。